日々の生活を楽しく便利にするグッズやサービスを紹介します!

いいものみつけました!

IT、電子機器

噂のAirsPods、値段だけの価値があるか試してみた

更新日:

AirPodsはApple製品専用ワイヤレスイヤホン

iPhoneを使っている人や、Appleファンならその存在を知っているであろうAirPods。
販売当初、6週間待ちになるほどの人気だったという、Bluetooth接続のAppleのワイヤレスイヤホンです。

実際、最近私が購入したときも10日くらいは手元に届くまで10日くらいは待たされました。

とは言え、そもそも値段が高い(税抜き16800円)なので、生粋のAppleファンならいざ知らず、iPhoneは使っているけど、「たかだかイヤフォンにそんなに出せない!」と躊躇する人も多いと思います。

実は私もそう思っていました。

なのですが、このAirPods、それだけにとどまりません。

この記事では根っからのAppleマニアの方は良く知っていることだけど、一般レベルのAppleユーザーの私が「え?そうなの?」と感動したことをお知らせします。

iPhoneに付いてくる正規のイヤホンはそもそもマイク付き

いわずもがなかもしれませんが、そもそもiPhoneを買うと付いてくる有線のイヤホンもマイク付きです。

つまり、そのまま電話を取って話ができるのですが、私はつい最近までそれを知りませんでした。

当然、ワイヤレスになったAirPodsにもその機能は付いています。

まだ使用中に電話がかかってきたことはないですが、いちいちイヤホンを外す必要がなく電話に出られるのは便利ですね^^

接続がカンタン

Bluetoothなので一番最初はペアリングする必要がありますが、それも「スマートペアリング」でとっても簡単です。

iPhoneの設定でBluetoothを「オン」にしてあれば、AirPodsを近づけるだけで「接続しますか?」という選択肢が出てきてカンタンにペアリングできます。

2回目からはBluetoothの接続を意識する必要もなく、単にiPhoneの近くでケースを開けて、AirPodsを取り出すだけで、勝手に接続されます。

他のBluetooth機器は、接続し直すときは少なくとも、「接続する」かどうかを尋ねる画面が出てくるか、その画面に行かなければいけない手間があるのが普通です。

それが、イヤホンをケースから出しただけですぐ使える!というのは非常に便利です。

片耳をはずすと音声が止まる

使っている途中に人から話しかけられたとか、何かの理由でイヤホンを外したとします。

すると、片耳を外したところで、流れていた音楽が止まり、もう一度付けると、そこから始まります。

片耳だけちょこっと外しただけで、全部やり直しなんていうことにはならないので中断されても気になりません。

両耳からはずすと音源の方が止まります。
こちらも勝手に進むことがないので便利です。

はずれにくい

ワイヤレスタイプのイヤホンで一番気になるのははずれにくさですよね?

有線のものと違って、外れると下に落ちてしまうので、なくしやすいし壊れやすいことが心配です。

ただ、iPhoneについているイヤホンは一般的に外れにくいです。

以前試したことのある市販のどのイヤホンよりもはずれにくい、というのが私の感想で、Airpodsもその通りです。

なので、普通に使っていて外れたことはまだありません。

体験談の中にはランニングやジョギングしても大丈夫というのもありますが、そっちは試してないのでわかりませんが・・・

普通に道を歩いたり、電車に乗ったりするときに外れそうな感じは全くありません。

ただし、満員電車でつけたりすると、

・万が一落としたときに拾えない

・人と接触する可能性が高い

ので、あまりおすすめできません。

けっこう高価なものだからなくしたり壊したりしたらダメージが大きいです。

ワイヤレスはやっぱりスマート

ワイヤレスってやっぱりいいな、と思うのは、コードがないから、外でつけていても目立たないことです

耳が隠れる髪型なら見えなくなります。

外を歩いているときに、イヤホンのコードをふらふらさせているのはあんまりスマートじゃないですよね^^

家の中では家事をやりながら音楽を聴いていたりすると、コードがひっかかることってありませんか?

私はこれがよくあったので、ワイヤレスでどこにもひっかからないのはかなり大きなメリットです。

ケースのおかげでなくしづらい

AirPodsのケースは非常に優秀です。

バラバラな状態で持ち歩くとなくしそうですが、常にケースにいれておけば、有線のイヤホンを丸ごともっているのと同じくらいの感じです。

有線のイヤホンは気の利いた入れ物がないとコードが絡まるので、それを考えるとこちらの方がすぐに使えます。

ケースに入れるとマグネットでくっつくようになっているみたいで、逆さにしても勝手には落ちてきません。

電池切れにならず、充電しやすい

このケースは充電器になっていて、とても充電しやすい上に、電池切れにならないというメリットがあります。

イヤホンをこのケースに入れておくと勝手に充電され、ケースそのものはイヤホンを数回フル充電できるだけの機能があるので、ケースを夜のうちに充電しておけば、1日中使っていても途中で電池切れになりません

これは使っていてとても安心ですよね。

Apple機器でカンタンに使い回せる

AirPodsならではの特徴の一つとして、Appleの機器(iPhone、iPad、iPodタッチ、Mac)のどれにでも一度ペアリングすれば、次からは近づいてAirPodsをケースから取り出すだけで接続できる、という機能があります。

実はこの機能は私はまだ存分に味わっていません。でも、Appleファンの友人に言わせると「これがあるだけでも値段分の価値がある」とか。

それと、「AirPodsはアンドロイドでは使えないのか?」が気になるところですが、普通にBluetoothのイヤホンとして使えるそうです。

ただし、

・耳からはずすと音楽再生が停止
・バッテリー残量の表示
・ダブルタップ時の機能の設定

という機能が使えないようです。

ただ、実はダブルタップは加減が難しい(私にとって)なので、私はこの機能はまだ使っていません^^;

耳からはずすと音楽再生が停止、というのはアンドロイドで他のイヤホンを使っていても普通はできないことなので、それほど問題ではないかと。

バッテリー残量は見えた方がいいですが。

要するに、今から買うならアンドロイド主体で使っている人にはあまり大きなメリットがないかもしれないけど、iPhoneが中心で他にアンドロイドもある、という程度なら一応使えるので、デメリットにはならないと思います。

高いか安いか?

・コードがないのでひっかからないし、見栄えがいい
・充電が簡単
・ケースのおかげでなくしづらい
・接続が超簡単
・イヤホンをはずすと再生が止まるので便利
・マイク付きなので、電話、SkypeやLineでの通話にも便利
・Macを持っている場合、Skype用にヘッドセットを買う必要がない

というだけでも、私にとっては十分に元が取れています。

もし、もっとたくさんのApple製品を愛用していたり、Siriを使い慣れていたりすれば、さらに使い勝手が良くなるでしょう。

-IT、電子機器
-

Copyright© いいものみつけました! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.